· 

吉方位、吉日やラッキーカラーの変化

方位と言えば、九星気学・風水ですが、四柱推命も勿論、吉方位やラッキーカラーを知ることができます。

 

四柱推命では、用神の変化に合わせて大運、年運、日運など、四柱+三柱の七柱で総合的に判断しますので、ある意味一番繊細に吉方位やラッキーカラーを見つけることはできます。

 

その人の運勢の変化に合わせて、タイムリーに知ることができます。

 

 

用神の変化

東洋占術において、各占術でその人に必要な五行を見つける方法や五行の変化への対応は異なります。

例えは、九星気学では、その人に必要な五行はその人が生まれ持っている五行を助ける五行で最大吉星と言い、四柱推命では過剰にあったり不足している五行(十干)があれば、その五行を調整する五行が用神(調候用神十干鑑法になります。

 

四柱推命に置いても、この用神の見つけ方は流派によって違いがあります。

用神と言う言葉は、普通の方には聞き慣れない言葉だと思いますので簡単に説明すると、自分自身の五行のバランスを整える五行のことを意味しています。

 

例で説明すると、自分自身の五行を過剰に持っていると、性格が粗暴になったり人の意見を聞き入れなかったりしてトラブルを招きやすいことになりますが、過剰に有る五行のエネルギーを漏らしバランスを調整することができればトラブルを回避できますが、この場合エネルギーを漏らす五行が用神になります。

用神は、人それぞれ違いますし年運や大運などの時間軸での変化も起こります。

 

今の自分に必要な用神が分かれば、その五行(十干)に合わせて、吉方位も導き出せることになります。

 

※私の四柱推命は、調候用神十干鑑法を使っております。

 

吉方位でない方位に移動すると、どんな事になるのか?

移動する時が、いつも吉方位に移動できるとはかぎりません。

サラリーマの方は転勤する場所を自分の意志で決められると良いのですが、無理な話です。

転勤先が自分にとって吉方位で無かった場合はどんな事が起こるのでしょうか?諦めるしか無いのでしょうか?

 

例えば、五行のバランスがとれ良い流れの運気の中におられる方が、五行のバランスが崩れる方向に移動した場合、その方位が自分を極端に強める方位であれば、今までは慎重に行動できていたのに不注意な行動をとってしまう事になり、事故などのトラブルを招きやすくなります。

逆に、自分を弱める方位に移動すると、行動が消極的になったり迷うことが増え決断ができなくなります。

 

生まれ持った五行やその時の五行の状態は、人それぞれ違いますので起こる現象も様々です。

 

対策

「自分の運勢を崩す方位へ移動した時は、どうすればいいのか?」

 

五行のバランスが崩れた場合に、どんな事が起こるかを具体的に知ることができれば、対策がとれトラブルを回避できます。

移動先の方位が、自分の五行にどんな影響が有るのかを知ることが重要です。

 

ここまでは方位の話を中心にしましたが、ラッキーカラーも同様で、その時に合った五行のバランスを整える色がラッキーカラーになります。


転勤や事務所の移転、引っ越しなど重要な移動がある場合は、どの方向が吉方位なのか?吉方位でない場合はどう対策を取るべきかを知ることがポイントです。

 

四柱推命を使いって、自分の吉方位、吉日やラッキーカラーを見つけ出してください。