傷官

傷官(しょうかん)とは、日干と命式中にある他の通変星に食傷がある場合に、特殊な作用があるとの法則です。

 

日干が陽の場合、命式中に陰の食傷があれば傷官が成立します。

また、その逆に日干が陰で、命式に陽の食傷があれば成立します。

 

日干(甲)-(丁)

日干(乙)-(丙)

 


傷官の作用

☆木火傷官(甲-丁 乙-丙)

 

勘が鋭い、人に好かれる、持久力が無い

 

☆火土傷官(丙-己 丁-戊)

 

気分屋、粗暴、余計なことに気を使う

 

☆土金傷官(戊-辛 己-庚)

 

専門的な仕事で力を発揮する、人を育てる

 

☆金水傷官(庚-癸 辛-壬)

 

こだわりが強い、策に溺れる、融通が利かない

 

☆水木傷官(壬-乙 癸-甲)

 

情にもろい、明るい性格、常識

 

※傷官全体に共通する点として、神経質・プライドが高い・協調性に欠ける