はじめに

四柱推命を独学で学習するのは、難易度が高い推命学と言われています。

学習内容は、分かりやすくポイントを絞って、お伝えします。

勉強後、生年月日等から命式を作成し占う人の本質が推命出来るレベルを目標にしております。

 

※ここでの四柱推命の勉強は初めての方を対象にしておりますので、情報はなるべく簡素化しております。

その点は、ご容赦ください。

 

はじめにと、四柱推命の歴史

統計学と思われがちの四柱推命ですが、東洋占術の基礎である陰陽五行思想を理解することが、重要です。
四柱推命の理論

四柱推命は統計学と思われがちですが、実は統計学は結果的に的中率の高さから言われています。

「こんなに当たるんだから、統計的な要素が大きいのでは...」

 

ここで、勘違いしやすいのが、統計学であれば分析方法が分かれば後は簡単と思い、勉強内容も分析方法に囚われる結果、習得が遅れたり挫折します。

 

四柱推命は、万物の構成要因から推命していく学問ですので、この占いを効率よく習得していくポイントになるのが、まず、この占いの理論を理解することが重要です。

 

 

占う人の命式の出し方や通変星の位置...etcは、東洋占術の理論を理解できていないと、意味は理解できても活用できません。

逆に考えると、理論を理解できていれば、推命に必要な因子、必要でない因子が分かり、推命の精度も向上することになります。

東洋占術の理論をシッカリ理解してください。


四柱推命は、1500年代の中国が発祥ですが、日本に入ってきたのは江戸時代中期で、現在の四柱推命とはかけ離れた難解な学問でした。

現在の四柱推命は、明治から昭和初期にかけて、京都の阿部泰山先生が確立されました。

その後、様々な流派ができ、推命方法も流派により異なる点が多いと言われています。


勉強の流れ

 

 

勉強内容の大きな流れ

 

東洋占術の基礎⇒四柱推命の理論⇒命式の作成⇒命式の判定(本質を見つける)

 

 

※四柱推命は、初歩レベルでも簡単に理解できる推命学ではありませんので、ゆっくり勉強していきましょう。