行動特性(コミュニケーション)

気になる人の安心領域やニーズを見つけて、親しくなる。

人それぞれ持っているニーズに合わせて付き合い方を変えれば相手との距離が縮まります。
人それぞれの行動特性


自分の気持が相手に伝わらず、人間関係で悩んでいませんか?

自分を抑えた過ぎて、ストレスをためこんでいませんか?

 

社会生活をおくって行くうえで、人と人の関りは避けることはできません。

そのため、社会生活で受けるストレスも避けられません。

心が強い方でも、いま自分が置かれている環境によっては、影響を受け心が弱くなってしまうことが多々あります。

ストレス軽減の近道は、まず自分自身がどんな本質を持っているかを知ること、関わる相手がどんなところにニーズを持っているかを理解することです。

          

コミニテケーションの作り方を手に入れてみませんか?ストレスも減り、世界が広がりますよ!


人には大きく別けて、4つのタイプがあります

人間の行動特性を大きく分類すると4つのタイプに別れます。
人間関係の行動特性

行動心理学では、人間には大きく分けて4つのタイプがあると言われています。

 

✱会話や議論をしている時に4つのタイプでの違い

 

フクロウ  :情報をじっくり分析し答えを出す

 

トラ    :直感で答えを出す

 

ペンギン    :周りの状況に合わせる

 

ライオン    :自分の考えを変えない

 

※相性の悪い組み合わせ

 

フクロウとトラ  

ペンギンとライオン

 

この組み合わせは、どちらかにストレスがかかり人間関係が上手く行かないと言われています。

 

コミュニケーションを作る方法は...

 

・自分自身がどのタイプでどんな時にストレスがかかるか?どんな状態だと安心できるか?

・付き合う相手がどんなタイプで、どんな時にストレスがかかるか?どんな状態だと安心できるか?

 

を理解できれば、自分と相手のストレスをコントロールでき、相手もあなたに対して安心感が生まれ人間関係が深まり信頼が生まれます。

 


「行動特性の分析」講座

自分や他人の行動特性の把握は、人間関係の構築をスピードアップさせることができます。

また、人材の育成やスムーズな指示の伝達などのも効果を発揮ます。

 

「行動特性の分析」方法の講座も開設しておりますので、お問合せください。

 

⇒行動特性の解説 


※このページは、コミュニケーションスキルのトレーナーとしてご紹介します。