· 

「六弥太」 長崎の豆腐料理

チャンポンと皿うどんを楽しみに長崎に行きましたが、今回はみんなの意見に押し切られて、長崎で噂の豆腐料理「六弥太」に行くことになりました。

精進料理は嫌いではありませんが、この系統の料理は味が薄く、私的にはインパクトが無い料理のジャンルで、自分から選ぶことはありません。

しかし、行ってみて良かったです。

口にしたことがない豆腐料理をいただけました...(^_^)

豆腐とごま、味噌で見た目はウナギ...?
ウナギもどき

豆腐と味噌、胡麻でウナギに似せて作られている「ウナギもどき」

食べてみると、味はウナギではありませんが、胡麻のプチプチした歯ごたえと、甘い味噌の味は格別です。

ただ、結構、甘いのでおかわりはいらないかも...

 

今回は、昼のランチ(2,800円)をいただきましたので、内容を紹介します。

定番の「味噌田楽」

 

甘い味噌とフルーティーな味噌味の2つの味が楽しめます。

熱々で、豆腐の割にモチモチの食感です。

 

多分、豆腐にお餅が混ぜたあるためだと思います。

 

この料理は追加したくなる美味しさでした。

「揚げ出し豆腐」と「湯葉と甘エビ、刺身こんにゃく」

 

なんと言ってもヘルシーです。

ひごろ、ラーメンやカレーなどの食生活を送っている私にとっては、明らかに、体に良い料理が出てきます。

低脂肪低カロリー!

 食べながら、健康になっていくような気がします。

 

「天ぷら」「五穀ご飯」「味噌汁」「トーフのデザート」

 

この料理以外にもあと3品目出てきました。

どの料理も薄味ですが、味はしっかりしていて、美味しい豆腐料理です。

 

フランス料理のコースみたいに、時間をかけて出てきますので食事が終わるまでに、1時間半程度お店の中にいました。

 食事だけでなく、友達との会話を楽しむ時間にもなりますね...

 

画像に出ていないコース料理は、「豆腐のかまぼこと黒豆」「ごま豆腐」「豆乳」、最後は「タイズのコーヒー」です。

「六弥太」の場所は、長崎市油木町にあります。

カブトガニアリーナの道沿いにありますが、民家的なひっそりしている作りなので、気をつけていないと見過ごすかもしれません。

 

店内は、テーブル席と座敷で、お客さんはほとんど女性のグループ客でした。

 

確かに、女性に人気のありそうなお店です。

長崎イコール中華料理や卓袱料理だけでなく、ときどきは、豆腐料理もgoodですね。(^_^)