手相の「丘」

色々なエネルギーの貯蔵庫
手相の丘

手相は、てのひらに出ている線のどこをみているんですか?

 

手相を鑑定する上で、線に目が行きがちですが線と同様に重要な場所が、「手のひらの中の丘」です。私もてのひらの線と同じぐらいの比重で「丘」も鑑定の参考にしています。

 線も随時紹介していきますが、今回は忘れがちな「丘」を紹介します。

 

各丘へのエネルギーは指先から入り、それぞれの丘の貯蔵され活用されます。丘の盛り上がりが大きければそこのエネルギーも強く、盛り上がりが小さいとエネルギーも小さいことになります。「火星平原」と「地丘」は、凹みがポイントですが...

 

 

木星丘・・・指導力や野心

適度な厚み○(指導力がある) 極端に厚い☓(虚栄心が強い) 薄い☓(依存心が強い)

 

土星丘・・・思慮、非社交性

適度な厚み○(思慮分別がある) 極端に厚い☓(非社交的で、孤独を好む) 薄い☓(軽率)

 

太陽丘・・・社交性、栄光、富

適度な厚み○(感性が鋭く人気運もある) 極端に厚い☓(自己中心的) 薄い☓(成果が出にくい)

 

水星丘・・・雄弁、商売、伝達力

適度な厚み○(自己表現力、商才) 極端に厚い☓(金に対する執着心で失敗) 薄い☓(人間関係が築けない、商才が無い)

 

第一火星丘・・・闘争心、勇気、攻撃性

適度な厚み○(活力がある) 極端に厚い☓(短気、粗暴) 薄い☓(無気力)

 

火星平原・・・反発心、闘争心(盛り上がっていいる場合)

適度なへこみ○(健全な愛情) 深くへこむ☓(心身のバランスが悪い) 

 

第二火星丘・・・現実性、行動力、忍耐、防衛

適度な厚み○(精神力の強さ) 極端に厚い△(忍耐強く追究する) 薄い☓(あきらめやすい)

 

金星丘・・・体力、愛情

適度な厚み○(健全な愛、体力がある) 極端に厚い☓(情欲が強すぎる) 薄い☓(スタミナ不足)

 

月丘・・・想像力、神秘性

適度な厚み○(想像力が強い) 極端に厚い☓(夢想的) 薄い☓(現実主義で利己的)

 

地丘・・・再生力(生と死)

適度なへこみ○(自立心が強く、気力や体力もある) 極端なへこみ☓(気力体力がない)

 

 

丘を参考に手相を見る場合の例では、⑨の月丘の盛り上がりが小さければ、ロマンティックな部分より現実主義的な傾向が強くなり、夢を追いかけるのを諦めやすかったり、③太陽丘④水星丘が盛り上がっていると、コミュニケーション能力のエネルギーが強くなりますから、仕事が上手く行き財運も上がやすいとなります。

 

手相を見る上で線やマークなども重要なポイントですが、「手のひらにある丘」は、エネルギーが集まり運勢に影響していきますので、良いマークなどが出ていてもそこの丘が盛り上がっていなければ、十分力を発揮できないことになります。

運勢を判断する上で、「てのひらの丘」の起伏も観察することが重要です!