手相の勉強

掌には様々な線やマークが表れますが、相互の線が干渉し運勢に影響を与えます。
手相の勉強

 

手相は、「変わる」と言われているように、行動の変化と連動して変化していきますので、未来であれば3年程度先の運勢が表れていると考えてください。もちろん健康などに関しては長期的なリスクも現れています。

 

逆に考えると、運勢上昇の為に不足している要素を見つけ、補うことで、良い手相に変化し運勢も上昇します。

 

☆手相は、現在の課題を見つける羅針盤としても使えます。

 

 

 

 

 

※この「手相の勉強」ページは、手相の基礎からと言うより、「手相鑑定時の質問される事をポイン」を絞って紹介していきますので、様々な線の深い意味より目的別鑑定のポイントに内容を絞っております。

基礎から詳細に勉強してみたい方には、内容が不足している部分がありますので、その点はご了承ください。

ただ、最後には手相鑑定が出来るレベルになるはずです!

「目次」


手相「丘」の意味
手相「丘」の意味

「今の運勢が、どこにあるのかを判断する指標」
流年法

手相を見る上で重要な代表的な線
手相の主要線

恋愛運、金運、健康運
主要線以外の気になる線

吉線の開運線と凶線の障害線
開運線と障害線

今の運勢に関連した暗示
手のひらに出てくるマーク

凶運を暗示する障害線が表れている場所で、意味が違います。
障害線の意味(場所がポイント)

結婚はできましか?
結婚運

異性運を見る指標
金星帯

「私は、金運はありますか?」
財運線

金運②「太陽線」
金運②「太陽線」

金運
金運③ この線、注意

健康を気にしていますか?
健康運(こんな線やマークは要注意)

結婚線は、恋愛や結婚の状態を反映したり、異性に対する接し方を映し出します。
色々な結婚線

コーヒーブレイク「手相の右手と左手」

手相鑑定をしているとよく質問を受けるのが、「右手と左手はどっちを見るんですか?」「左手は前世で右手は現世と聞いたことがありますが?」...

 

左手は前世で右手は現世・左手は右脳で右手は左脳など諸説ありますが、私が感じているのは、左手は「その方の本質や宿命」で、右手は「現在の状況とこのまま進んで行った未来」だと思っています。

 

 

その理由は、私は手相と四柱推命の鑑定をしますが、四柱推命は「その方が生まれ持った運勢の癖」宿命や本質を人生全体を通して推命しますが、運勢の大きな流れは左手に現れていますし、右手には、運勢の季節変化の影響を受けたその方の現状が表れていることを鑑定で実感しています。

 

右手は、社会生活の中で受けているストレスなど現在の状態を反映し、左手は生まれ持った運勢を反映していると思っています。運勢を正確に鑑定する上で、両手の手相が必要です。