「用神をもとめる」四柱推命鑑定で、一番重要なポイント

日干を中心にした十干のバランス、大運の影響など、四柱推命鑑定の基本的な決まり事を紹介しましたが、運勢を上昇させるために何が必要かを見つける重要な因子が「用神」です。

 

日干が強すぎる場合は、エネルギーを何処かに漏らしたり、日干が弱い場合は、エネルギーを補充したり高める必要があります。また、五行全体のバランスが悪い場合は、バランスを整えることで、運勢は上昇していきます。

 用神は、人それぞれ違いますが、そこを正確に見つけることが四柱推命鑑定の一番のポイントになります。

ホームページでの用神の紹介について

四柱推命の勉強ページで、「通変星の偏り 木~水」の項目に、運勢を上昇させるポイントを紹介しておりますが、代表的な用神を追加していきますので、「通変星の偏り ページ」を参考にしてください。


「用神」の求め方は、通変星を重視している流派、五行のバランスを重視している流派、運勢の季節変化などを重視している流派で、違っています。(この辺は、ある意味秘伝です...^^;)

 

※ホームページで紹介する「通変星の偏り」ページの例は、代表的な典型例ですので実際は、色々な組み合わせがあるのが現状です。

ここで紹介する「用神」も参考程度に考えていただければと思います。