東洋占術の理論(陰陽五行思想)

ここのポイント

 四柱推命を始め東洋占術は、陰陽五行思想が推命の基本です。

陰陽五行の関係を十分理解しておくことが、習得の近道です。

 


「陰陽思想」

陰陽五行
陰陽五行

宇宙は「混沌」から始まり、その後、物質が陰と陽に別れ構成されていると言う理論で、この理論は、西洋にも存在し西洋占星術の12の星座でも、男性星座、女性星座の二分されており、陰陽の理論が根底に流れています。

 

✱代表な陰陽の概念(陰と陽)

 

女:男  月:太陽  地:天  夜:昼  暗い:明るい  柔:剛  消極的:積極的  偶数:奇数  精神:肉体  植物:動物  空間:時間  現実:精神  冬・秋:夏・春

 

※陽の気と陰の気に全てのものが分類され、両方の気が引き合って調和をとります。逆に見ると、陽と陽、陰と陰は反発し合う事になります。

「五行思想」

相生と相克、比和
五行思想

 

万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素から構成されていると言う思想です。

 

5つの元素の関係には、お互いを生み出す関係と相手を傷害する関係、同じ元素で強める関係があります。

 

 

 

✱相手を生み出す関係(相生) 図の実線

 

「木生火」

木が燃えることによって火が生じる

「火生土」

火が燃え尽きると、灰(土)になりる

「土生金」

土が集まり鉱山になり、金を生み出す

「金生水」

金は冷え、表面に水が生じる

「水生木」

水は植物を成長させ木になる

 

✱相手を傷害する関係(相剋) 図の点線

 

木剋土」

木は土から栄養をすいとる

「土剋水」

土は水をすいとったり、濁らせる

「水剋火」

水は火を消す

「火剋金」

火は金を溶かす

「金剋木」

金(刃物)は木を切る

 

✱同じ五行で自身を強める(比和)

 

自分と同じ五行で、自分自身を強くする

 


「十干」

五行を陰陽で見ると、5☓2で10の元素に分かれます。

 

木⇒甲・乙  火⇒丙・丁  土⇒戊・己  金⇒庚・辛  水⇒壬・癸

 

※十干に関しては、以後のページで性質等説明します。ここでは、10の元素があることを知ってください。

 


このページのまとめ

✱「陰陽思想」とは、物質は陰と陽で構成されていと言う思想

 

✱「五行思想」とは、万物は「木・火・土・金・水」の大きな分類で、5つの元素で構成させている

 

 

「相生」「相剋」「比和」のどれが良いのではなく、生まれ持った五行のバランスを良くするために、必要な元素を見つけることが運勢上昇につながります。

 

※自分の五行がどれか知れば、よくある星占いレベルの占いができます。 

自分の五行を相剋する日は、運の悪い日で、相生したり比和する日は運の良い日など、その日の運勢を占えます。

 

ここでは、五行が互いに影響していることを理解してください。