十干の性情


ここでのポイント

日干になった十干が、その人の本質に大きく関わっていますので、十干の性情を知ることは重要です。

十干の性情を「滴天髄」の解説を参考に紹介します。

 

※「滴天髄」・・・明の時代に出来た四柱推命の基礎となる三代文献の一つです。


*木(甲・乙) 季節(春) 方位(東)

 

陽の木で、天に向かって高く伸びていきます。(樹木、森)

 

性情:自立、強い意志、実直、曲がったことが嫌い

 

陰の木で、柔らかく曲がっても折れないしなやかさがあります。(草木)

 

性情:柔軟性、協調性、多面性、集団の中で力を発揮する

 

 

*火(丙・丁 季節(夏) 方位(南)

 

陽の火で、太陽の光や激しく燃える炎(太陽)

 

性情:自立、公明正大、自己中心的、明るく暖かい

 

陰の火で、ろうそくや暖炉の穏やかな火です。(ロウソク、外灯)

 

性情:孤独、変化、不安定、周囲を巻き込む

 

 

*土(戊・己) 季節(土用) 方位(中心)

 

陽の土で、山、堤防など、ドッシリとしています。(山、堤防)

 

性情:信頼、不動、どっしりして周囲の目標になる

 

陰の土で、養分を蓄えた畑など。(畑)

 

性情:庶民的、バランス感覚がある、内面の複雑さ

 

*金(庚・辛) 季節(秋) 方位(西)

 

陽の金で、刀など物事を一刀両断に断ち切る。(刀、鋼鉄)

 

性情:ストレート、合理的、行動的

 

陰の金で、宝石など繊細さがある。(宝石)

 

性情:美意識、プライド、受動的

 

*水(壬・癸) 季節(冬) 方位(北)

 

陽の水で、海や大河を表し物事を循環させる。(海、大河)

 

性情:流動的、自由闊達、スケールが大きい、神秘

 

陰の水で、雨、露など大地を潤す。(川、雨露)

 

性情:クール、寄せ集める、目立たない努力

 


このページのまとめ

 

五行は陰陽に分かれ、十干になります。

十干にはそれぞれ性情があり、生まれ持った本質の重要な要素です。

また、五行は季節や方位、色などそれぞれ意味しています。