冲(ちゅう)


ここのポイント

まとまりを表す合法の逆で、破壊や離散を表す散法があります。

ここでは、散法の中で一番重要な「冲」を紹介します。

「冲」以外の散法として「害」「刑」などもありますが、影響力の少ない点から割愛します。


物事の転換や破壊、停滞

対角線上にある十二支で、陽と陽、陰と陰の組み合わせの十二支です。

磁石と同じイメージで、お互いに反発しあう関係にあります。

 

お互いの気がぶつかり合い、気が静止してしまうため物事が停止する現象が起こります。

例えば、仕事を辞めるなど現状から180度転換する可能性が出てきます。

ただ、一度壊れて新たな展開にもつながります。 

 

✱相剋の関係

 

子⇒午

申⇒寅

酉⇒卯

亥⇒巳

 

子・申・酉・亥が相手より力が強い

 

✱比和の関係

 

未⇔丑

戌⇔辰

 

相手を剋すことはない関係

 

 

 

 


このページのまとめ

 

「冲」は、方合などに比べると強い力はありませんが、五行のバランスを判断するうえで、散法として重要です。

「相手の力を弱める関係」です。