三合会局(さんごうかいきょく)


ここのポイント

三合会局は、強い力があります。

十二支の三の組み合わせにより季節変化を起こし大運(10年サイクル)などで、形成されると運勢が大きく変化していきます。

生まれ持った命式の中で、形成されている場合は参考にし推命しなければなりません。

また、三合会局は「拡大・発展」を意味しているとも言われています。

 

派によっては、自分と相手の十二支が三合会局すると発展的な関係と判断すこともあります。


十二支の変化
三合会局

 図にある十二支の組み合わせが出来ている時、五行が強く結合します。

三合会局は、「人が生まれて⇒人生の最盛期⇒お墓に入る」人の一生を意味しています。

 

 

 

亥-卯-未の組みあせであれば、三合木局になり木に統合されたことになります。

寅-午-戌(三合化局)、巳-酉-丑(三合金局)、

申-子-辰(三合水局)など。

 

また、3つの十二支のうち一つが欠けている場合を「半会」と言い、三合会局に準じる力があります。

 


運勢の季節と五行
三合会局

このページのまとめ

 

 三合会局や支合により五行が統合されることをおさえてください。

推命するうえで重要な五行のバランスを正確に把握するポイントです。

 

 

 

※この勉強会では取り上げませんが、四柱推命には「十二運星」「納音」...などの法則もあります。